« August 2010 | Main | October 2010 »

2010.09.30

German Air Force (3)

下面から。機体下のマウントには、ミーティアを搭載。
2010_9_28_4

細部の彩色と手を入れたい修正箇所がありますが、ほぼ完成しました。接合ライン消していないし、主翼の合わせ、ヒケも無修正。でも完成すれば、なかなかの完成度。少し丁寧に組んだ高解像度の食玩って感じの作り方かな。一部のコーションデカールは、オーバーサイズです。2機買っているので、次回作は貼るのを止めるかもしれない。
2010_9_28_5

今秋、ピットロードからも英空軍で同じ単座のキットが出るみたいです。スルーしようかと思ったら、レーザー誘導爆弾など、対地、対艦装備が付く模様。値段は2000円超えで一番高いけど、やっぱり買って作るしかない。配色もMr.カラーで判るし。

独レベルは複座仕様も出そうな部品構成ですから、こちらのリリースも楽しみです。いつか出してくれるでしょう。

過去にEFA90しか無かったことを考えれば、ここ1年ぐらいで一気に3作リリース(ピットロード製は未だ出ていないけど)とは、びっくりです。作りかけのEFA90は・・・永遠に。

| | Comments (0)

2010.09.29

German Air Force (2)

独レベル製タイフーンに付属している武装を塗りました。ミーティア、アムラーム、サイドワインダーはデカールも貼ってみた。貼った効果はあります。パイロンやランチャー用のデカールも付いています。
2010_9_28_3

プラッツ製の空自武器セットもデカール付いていました。こういう作業は細かくて疲れますが、それも含めて楽しい。

| | Comments (0)

2010.09.28

Italian Air Force その3

我慢できず、主翼下の増槽を独レベルキットからコンバート。こうなったので製作中の独空軍は、パイロンを付けることにします。

機体下にはミーティアを4本付けようとしましたが、後ろ側はサイズが微妙に合わないことに気付きました。AMRAAM×4とミーティア×2。この後、ミーティアは外しました。2010_9_25_0

センターの増槽は無いため、これで現時点で再現できるほぼフル装備。
2010_9_25_3

当初、増槽と武装はEFA90から転用しようと思いましたが形がぜんぜん違うし、食玩対比でも部品の解像度が合わない気がしたので止めました。

| | Comments (0)

四式戦

WKC5の疾風。WCC版を買っていない、持っていないから満足です。これで一~五式が揃いました。面倒だけど、中隊長機の胴体帯デカールを貼りました。
2010_9_28

まずは全3機種の製作をしたいと思います。

| | Comments (0)

2010.09.27

German Air Force (1)

独レベルのキット製作はここまで進みました。インテークダクトは、組みながら塗装。機体色は#308グレーにミディアムブルーを適当に足しました。インストはMr.カラー指示が無いのでよく判らないため適当です。
2010_9_26_88

デカール貼り。このスケールは、細かいコーションは入れない方がいい気がしてきました。たくさん入れると技MIX風な仕上がりになる感じ。
2010_9_26_92

主翼、胴体のヒケはまったく修正せず。それなりに目立ちます。

| | Comments (0)

2010.09.26

サンダーバーズ

センチュリーコレは10個ぐらい買って、組んだのはこれで3機目。
2010_9_25_4

ついでに日翼2のシクレも引っ張り出してきて、組みました。これで3種類のサンダーバーズが揃いました。単価は、アクロコレ_315→日翼2_399→センチュリー_473円と上がっています。品質的には、まあまあ良くなっています。少なくともデカールは日翼2より、品質の良いものが付属しているでしょう。
2010_9_26

暑さが緩和して、買っただけで放置していた機体を組んでいます。墨入れ、ゲート跡の色注し、デカール貼りで組むので、それなりに時間要ります。

ようやく10機ぐらい組んだ気がしますが、間もなくリリースされるWKC5×10個を買ったら、今月はプラマイゼロか・・・。

| | Comments (0)

2010.09.25

Italian Air Force その2

塗装だけ終わっていた機体にデカールを貼りました。3年前に塗装していて、その後に中断。タイフーン製作のついでに仕上げました。もう1機、飛行形態があります。これもボチボチと仕上げないと。
2010_9_24

機体番号は子供の誕生日と同じ。当然、跳ね馬マーク入りです。

| | Comments (0)

2010.09.24

Italian Air Force その1

本体は、ほぼ完成しました。残すは脚を付けて、武装をどうするかぐらい。
2010_9_23_6

部隊マークは跳ね馬。文字が欠けて、hoonがnoomみたいに。あとで貼り直します。
2010_9_23_8

ずいぶん前から作ろうとしていた機体ですが、エフトイから塗装済みが出るし、独レベルからも新鋭キットとしてリリースされました。古いEFAのキットから作らなくてよかったかも。これから作ると単に苦行になりそうです。

エフトイ版のサウジ空軍は出せませんでした。こうなると後から欲しくなったりします。

| | Comments (0)

2010.09.23

Typhoon

ユーロジェットコレの2機目です。1機目と同じような加工をしました。パイロットは技MIXから引っ張って搭乗。英国から変更するため、タンポ印刷を落として無国籍状態にしてあります。
2010_9_23_68
エフトイの1/144 Work Shopは、シリーズ途中からパイロット無しが標準形態となってしまいました。一方で単価は段階的に上がっています。トホホなパイロット人形なら、無い方が好みではあります。乗せたいときは、日翼キットから余剰品を乗せるだけですし。

こちらは独レベルのキット。まだパズル状態です。余計な道にそれているので、なかなか進まない。派生して塗装済み食玩を多少消化できて丁度いいと思うしかない。
2010_9_23_52

| | Comments (0)

2010.09.22

Commander

CAG機は、あまり好みではないです。でも、増槽のフレイムパターン、この配色はかっこいいと思いました。
2010_9_20_4

2010_9_20_6

J-Wings4+は、ようやく1機作りました。先週末に2個買い足ししたから、5個を購入。プラウラーロービジは結局出ず。

| | Comments (0)

2010.09.21

ROYAL AIR FORCE 後編

コクピットの黒塗りで味気なかった印象が変わりました。ユーロジェットコレのデカールの品質は良くないため、独レベル製キットのデカールを使用。加工前は9ヶ月前の記事のこちら
2010_9_20_74

裏面から。機体下面にAMRAAM×4発、パイロンにサイドワインダー×2発の武装を付けました。武装は全てJ-Wings4プラスのレガホから。J-Wings4プラスは、過去の製品に追加武装が付いているからお得かも。こうやって、武装をコンバート出来るし。
2010_9_20_65

2機目はイタリアンでいきたいところですが、自作デカールが出来ていない・・・。独レベル製キットから増槽もコンバートしたい気分です。でもこれをやるとキットを作らない気がするので当面やめておこう。

| | Comments (0)

2010.09.20

ROYAL AIR FORCE 前編

暑さも緩和して、工作の秋へ。ユーロジェットコレのタイフーンを追加工しました。レベル製キットの部品から型取りした部品をのっぺりした座席後部へ接着。
2010_9_20_0

黒塗りしました。クリアーグリーンのディスプレイは、ブリスターを切り出して塗りました。この箇所って、実機でも目立つ気がするから、一応再現。ちょっと手を加えたぐらいで引き締まるか、どうかってところ。
2010_9_20_1

ついでにレベルのキットも作り始めました。いずれ複座も出しそうな部品構成です。

| | Comments (0)

T-4たち

F社(2004年発売)、D社(2010年発売)、G社(2010年発売)の3種類を並べてみた。パイロットが順番に2→1→0と減っていく。F社は315円とは、抜け出て安いです。

F社は尾部が少し太く、風防が出っ張った感じ。それがグラマラスに感じる理由かも。細かいコーションなし。全般に粗雑。

D社の型は小奇麗な印象。シートも赤く塗ってあるのがいい。

G社はインテークが抜けが一番浅く、脚カバーのパーツが隙間あり。これも全般に粗雑。でもコクピット後部の小さなブレードアンテナを唯一再現。
2010_9_19_3

制空迷彩も製作。風防が外れるから、シートは自分で塗りました。
2010_9_19_9

J-Wings 4プラスのレガホを1機作っていますけど、これは粗雑って感じがしない。要所要所にカッチリ感があるのです。そのカッチリ感って、各パーツの接合部の合いと塗装欠点や表面状態からの印象でしょう。

| | Comments (0)

2010.09.19

宇宙開発

最近話題のやつです。MISSIONが成功すれば、偉業で国民の目に触れるのですが、失敗した場合ってほとんど判らない気がします。1つの成功に対して、たくさんの失敗があるはず。
2010_9_18_30

ロケットの段間部です。持って触って軽いってのが体感できます。
2010_9_18_28

イベントに参加すると、カードが貰えました。
2010_9_18_39

車関係のイベントに比べると、圧倒的な閑散感。混まずに待たず、のびのび出来てよかったです。しかし、一方で混雑で並んで待つのも実は楽しみの1つのかもしれません。臨界まで楽しみを延ばすというか・・・。

| | Comments (0)

2010.09.18

おれたちロケット団

プールに行くため、旧青少年公園へ。そのときに開催していたイベントに寄りました。PETボトルロケットの少年大会の催しにJAXAなどの団体、業界が後援して、いろいろな展示あり。
2010_9_18_27

簡単な工作コーナーで手投げロケットを作りました。
2010_9_18_35

飛ばした。爽快だね。
2010_9_18_36

主目的である肝心のプールの方は、スライダーが130cmの身長制限あり。ギリギリ未達で涙を飲みました。130cmを超えてから、リベンジを果たそう。

| | Comments (0)

2010.09.16

富士山

今日の新幹線の中で撮りました。雨じゃなくて、故障でダイヤ遅れ発生しました。あんまり遭遇しないのですけど、たまにはあるってことかな。
2010_9_16

東静岡のガンダム撮影は今日も往復で2回トライしましたが、お邪魔車両というか、うまく撮れませんでした。5~6回ぐらいトライして、先日の写真が唯一の成功です。建物で準備するタイミングを判りつつありますが難しい。

| | Comments (0)

2010.09.14

GIGA T-4

制空、洋上、赤は出せました。大箱の配置は順番通りの並びみたいです。しかし、尾翼が左右反対の部品をそのまま塗装してある個体がありました。風防が接着していないのは○です。
2010_9_14

エフトイの塗装の粗雑さ(汚れなど)+童友社の未塗装部品って印象を受けました。あとは箱に艶がなくて、安いっぽい感じ。まあ、箱なんて要らないですけどね。

エフトイ製のボディ造形が一番グラマラスな感じ。古いですし、出来はともかくって条件が付いてしまいますけど。

| | Comments (0)

2010.09.13

Gトレーラー finished

完成しました。気分次第で少し汚すぐらい。接着剤無しで組めるので楽でした。一部のラインをしっかり処理してないし、ヒケも埋めていないので、出来は凡庸。購入してから、完成する期間が短かったことが良かったぐらい。
2010_9_13

色は、ブルーグレーがミディアムブルー+黒、緑がロシアングリーン+白です。タイヤブラックと窓と室内が黒。4色を塗ったのみ。暑さも少しづつ緩和してくるだろうし、何か続けて作りたいところ。

| | Comments (0)

2010.09.12

Gトレーラー (2)

一気に塗りました。ホイルのマスキングが内職みたいでした。大変といえば大変ですけど、苦痛ってほどでもない。
2010_9_12_17

一応、見せ場の運転席。正面のウインドウだけクリヤー化しました。でも内部は作っていません。
2010_9_12_20

黒い丸の部分はデカールを印刷したから、これを貼ったら完成です。

| | Comments (0)

2010.09.08

Gトレーラー

中古で買ったEXのやつです。2001年発売なので、9年前の製品なんですね。それにしても部品点数の半分以上がタイヤとは。部品は全て切り出したので、あとは立体塗り絵のみ。
2010_9_07

正面の運転席だけガラスをくり貫きました。適当なブリスター切り出しを貼って、透明化します。デカイ車です。対応した幅の道路なんて無いだろうから、基地内の移動用なのだろうか。

| | Comments (0)

2010.09.06

アビュー

ここでの食事を一番楽しみにしているような気がします。スープ大好き。
2010_9_06

まだまだ暑かったですが、プールじゃないので体力的には消耗せず。また仕事をがんばろうって気になりました。

| | Comments (0)

2010.09.05

はたらく自動車

昨日は今夏最後のプールでした。そして今日はプール以外の場所へ行ってきました。なんだか久々な気がします。前回とは企画展が変わっていたから、よかった。企画展とは関係なしに子供は好きな場所なのですけど・・・。
2010_9_05_4

消防車
2010_9_05_6

フォークリフト
2010_9_05_8

| | Comments (0)

2010.09.04

吉田の

うどん
2010_9_04

週のうち、3日出張すると終わるのが早い気がします。まさに、あっという間の1週間でした。

| | Comments (0)

2010.09.02

Cave 後編

洞窟の折り返し地点付近にあります。
2010_9_02_240

あまり深そうには見えない。
2010_9_02_242

きれい。
2010_9_02_246

探検しているみたいで童心に戻れます。地上に上がると、ほどほど暑い28℃でした。

| | Comments (0)

2010.09.01

Cave 前編

小学校低学年のとき以来の場所です。明確な記憶は無いのですが、父親が撮った写真が実家にあるアルバムに残っていました。この年齢になって、再訪できるとは・・・。
2010_9_01_3

2010_9_01_7

少しだけ夏休み気分が味わえました。そして子供といっしょに訪れたくなりました。

| | Comments (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »