« September 2006 | Main | November 2006 »

2006.10.31

帰省準備

明日から帰省です。電話機でメール投稿するかもしれませんが、ミニカー話題は完全に消えます。いろいろと楽しみな企画や焼酎を買うMissionなど、どんな旅になるのかわくわくしています。いろいろ迷ったけど、ノートPCは持っていくの止めた。軽い端末をセットアップしようとも思ったけど、断念。
2006_10_31_8

| | Comments (0)

2006.10.29

復刊に向けて(続き)

昨晩、寝る前にデカール貼った。
2006_10_28_098

2006_10_28_099

2006_10_28_100

ライト周りとディフレクターを付ければ完成だ。Clear rear window outlet scoopは省略かな。

| | Comments (3)

2006.10.28

LM軍団

リサイクル屋で買い集めたものを、GTOの内装といっしょに一気に塗った。
2006_10_28_4

デカール前の個体は4台完成。最近は、クリアパーツを外して窓枠を塗るので奥まった部分箇所も塗れる。最初の頃は外さずに塗っていた。
2006_10_28_5

箱車のカスタム一号は、実はこれ。Dydo F1はタバコやシート塗装してたけど、箱車の方は、この内装を昨年タンに塗ってから始まった。昔作った1/24モノグラムのキットを参考に塗った。
2006_10_28_6

| | Comments (0)

第四号 -復刊に向けて-

黄色の個体をリペイント。ついでにボンネットLHのスクープも付けた。塗装は内装も含めて完了。窓枠はガンダムマーカーで塗った。銀に塗ると影がかかった部分の陰影で立体形状がはっきりして、別モノのように感じる。
2006_10_28_0

クリア塗装onデカール(何か変な言葉)は止めた。よくこれで失敗するから。その代わり薄く銀を塗って、ウレタンクリアをドバ吹き。形も簡単だからミストの回りも気にしないでいい。磨いていないけど、京商のメタリック系並かそれ以上の艶で成功かな?軽くクリア盛りした感じ。
2006_10_28_1

ノーズから。ライトパーツが接着してあり、片側はキレイに外せなかった。塗料が付いているし微細に割れてしまった。トロンのライトφ2.5白があるので、ライトはokとして、ライトカバーが無いので何とか作らないといけない。これが今回の最難関。それとも元のパーツを整形して修正するか?悩み中。
2006_10_28_2

デカール作成は、基本形の手法が確立しているのでこれぐらいなら簡単に出来るようになった。
2006_10_28_3

| | Comments (3)

2006.10.26

またハッとする

日課で定着しつつミニゲーム風に続けていると、こんな単語でまたハッとする。蒐集に収拾がつく日が来るのだろうか、、、寂しいから、やはりある程度続いて欲しいけどラッシュはきついかなぁ。
2006_10_26_

| | Comments (0)

2006.10.23

J.Kazami

版下だけ作ったけど、肝心の本体は進行が遅れている。
2006_10_23_

38の上のロゴは、コミックの題字に近いタテヨコ比。なんか違うなぁと感じたので、扁平させてみた。最終的に貼ってみて好みのものを選ぶつもり。コミックだと比率は狂いまくりなので、どれが正解なんて判らない。自分の好みで決めるしかない。

| | Comments (0)

Tower Wing

F300 サンマリノGPです。まだこの頃は、買うモノというよりも、メタルキットを自分で納得いくように作るもので頑張っていたのですけど、97以降は完成していません。タバコロゴはBBRのアフターデカールを買って貼ったような記憶ですが、ちょっと曖昧です。同じものでBBRのキットも持っていますけど、肥やしです。熟成したかなぁ。
2006_10_22_78

F300は変化に富んでいて好きです。

| | Comments (0)

2006.10.22

カスタムの源泉?

実家にひっそりと保管してあったモノ。当時熱中したモノの一部。
2006_10_22_79

カスタムしてあります。一体なんなんでしょう?このライン。多分、本か面子の写真を真似たのでしょうけど。
2006_10_22_80

一体なんなんでしょう?30年近く経過して同じようなことを一所懸命、でも気楽にやっている。

| | Comments (2)

ボクスターに手を入れる

またまたオープンボディ&T社インスト参考に1台。これぐらいは簡単です。
2006_10_22_81
赤茶はMr.カラー赤:茶=1:1ぐらい+フラットベース。下地に白を吹いた方が映えると思います。私はそのまま吹いて暗め(写真はJPGマジック)でした。

| | Comments (2)

2006.10.21

カレラGTに手を加える(後編)

組んだ。今回は着せ替えボディ&内装が出来るように、ナベタッピング小ネジ留めにした。小ネジの表面処理がユニクロメッキだけど、黒染め(四三酸化鉄皮膜)の小ネジが欲しいといつも探すけど、存在しないのかもしれない。いつも筆塗りでネジの頭を黒く塗っている。当然、ドライバーで回すと簡単に剥がれる。
2006_10_21_6

2006_10_21_7

絶賛カレラGTも細かい点を見ると、エンジンフードなどクリアパーツにボディ色を塗装してあり、この部品は少し透け気味かな。ボディ色黒が目立つ気がする。
もう1点は、リアスポのゲート処理ももぎ取ったかのように粗い感じの個体もある。でも素晴らしい。

| | Comments (3)

カレラGTに手を加える(前編)

旬なうちにバラした。シルバーに彩色してあるエンジン部の正体。銀で塗ってあるだけです。
2006_10_21_2

部品構成。ボディも含めると部品点数は多い部類かな。内装/シャーシで接着パーツ無し。2台バラしたけど、ロールバーのみ溶着してあったり、無かったり。シートの出来が素晴らしい!
2006_10_21_3

で塗りました。やはりT社のインストを参考にした。
2006_10_21_4

内装に使ったカラーは、
赤茶は、Mr.カラーの黄、赤、鑑底色を3:1:1ぐらいで混ぜてフラットベース。黒はフィニッシャーズの半艶黒。銀は
エナメルのチタニウムシルバー。このチタニウムシルバーは初めて使ったけど、塗り易い色です。下手な筆塗りでもキレイに塗れた。

| | Comments (1)

Revision2 準備完了

版下を修正して、刷って貼ってチェックしてみた。
2006_10_21_1

前部のゼッケンサークルをフードと三連ベントの間ぐらいに調整。ベント部は見当あわせも兼ねて、ラインをくり貫きました。しかしながら、このくり貫きはちょっと小さいです。フロントゼッケンの寸法に合わせて、リアトランクリッドのゼッケンも一回り小さく。ずいぶん良くなったと思います。

| | Comments (0)

2006.10.18

I spend a lot of money on my hobb■

このエリアは、公式発売日の翌日午後が各店舗の入荷のようです。ちょっとした出遅れの焦燥感もあるけど、アソ情報が既にオープン状態になっていることが多いので助かっています。

でこの世界の住民税をコンビニで払ってきました。何回も。
2006_10_18_

Cアソを1箱とバラ買いで3+3+4+3=13個。バラ買いでは、934橙は2台、935#1が1台など。迂闊にも935狙いでカイエンを引いてしまう。狙いを一通り揃えてからのバラ買いは楽しいけど、もうこれで終戦かな。

リサイクル屋でカードなしの第一弾、第二弾の中古も買ってしまう。@500也。第一弾は持ってものばかりだけど、なんとなく。赤512BBは掘り出しものだと思ったけど。内装タンの512BBばかり作っているので半艶黒で塗ろう。
2006_10_18_1

| | Comments (5)

2006.10.17

As cast

リペ軍団、秋の陣。何台が年内にできるのか判りません。
2006_10_17_2

形状因もあるけれど、このモールドの塗料が取れきれない。他の2台はあっさり取れた。剥くとシャープなボンネットのフックとか、ドアノブ、テールライトが出てくる。やはり薄く塗って決めたいところ。
2006_10_17_3

SPEC.OUT Presentsは明日ぐらいに締め切って、段取り始めます。このままですと、2種類+予備ぐらいを考えていますが、n19は版下修正(ゼッケンサークルの大きさ、ラインとの位置関係をベントに寄せるなど)して、試してからになるので早くても次の日曜日に郵送となると思います。JPGマジックの取れた実際の出来映えを見て、がっかりするかも?!

| | Comments (0)

2006.10.16

行ってきた 続き

この実車のルーフを初めて見ることが出来た。一番の収穫?かもしれない。
2006_10_15_48

アップ。フィレット部がきれい。
2006_10_15_50

| | Comments (0)

行ってきた

子供の風邪を被弾したのか、前日何故か発熱したけど、翌日はケロっと治って、スパッと晴れたので行ってきた。
2006_10_15_37_1

目の保養かな。
2006_10_15_30

2006_10_15_42

これもありました。内装見れたし、ボディの裏面も見れた。
2006_10_15_53

内装。ミニカーで塗るならば、小豆色っぽい色とタイヤブラックかな。外装よりもこんな写真ばかり撮ってきた。
2006_10_15_54

それなりに広い広場の会場で家族と離脱したのは、やはり私の方だった。
2006_10_15_60

| | Comments (4)

週刊GTO総集編 -SPEC.OUT Presents-

3回やってイキナリですが、総集編です。赤は手持ちなし。不人気の黄色を剥って全リペやるので仕込みに時間が要ります。月刊GTOで復刊するつもりです。Dydo版ですが、これがベース車。
2006_10_15_20

反省点は、前後とサイドのゼッケンのサイズ。出力サイズをサイド(ドア)に合わせると、前は目立たないけど、トランクリッドからスポイラーにかかってしまい、大きいことが判明!でも貼っちゃった。また直すつもりですけど、何時になることやら。前後のみ小さくするといいみたい。
2006_10_15_22

ベース車との比較。スリットの開口部を塗ったりするといいです。窓枠はクリアパーツを外して塗ったほうが楽です。外すときは、稀にウィンドウパーツを接着してある個体もあるので注意してください。私はよく割ってしまいトホホな目にあっています。
2006_10_15_23

これもイキナリですが、関係あるの?あります。
2006_10_15_19

-SPEC.OUT Presents-の応募は終了しました。

| | Comments (5)

2006.10.15

週刊GTO=休刊GTO

第三号にして最強だったGTOを再現?これまたディフレクターとスプラッシュガードがないけれど、、、。
No.3705GT Jean Guichet/Pierre Nobelt
Le Mans 1962 - 2nd Overall - 1st GT
2006_10_15_6

実車はここが詳しいです。
ttp://userweb.pronet.be/serthi24/250gto/la3705gt.htm

トリコロールのストライプ。
2006_10_15_7

90年代初期~中期の車の模型誌は、かなり処分したけど残っているものがデカール版下作成の資料になっている。あと赤ベースで2バージョン、完全リペで2バージョンの版下は出来るけど、肝心な個体があと黄1台(完全リペ用)しかないので、しばらく休刊します。そのうち季刊で復刊したいと思います。
2006_10_15_8

Dydo版は赤の色調がコンビニ版に比べて明るい。コンビニ版の濃い方がかっこいい。

| | Comments (2)

2006.10.11

メッセージ

トイック対策でボチボチやっていたら、こんなセンテンスが出て、何故かハッとする。
2006_10_11_3

誰かの顔らしいものを書いた絵のようだけど、何だろう。
2006_10_11_4

| | Comments (8)

プレクシグラス

中古屋でいい個体を買えたので、ウィンドウパーツ外して窓枠を塗っていたら、前期型にしたくなった。でやってみたけど、、、とほほ?!車高も下げすぎてもう1回修正するつもりの段階。
2006_10_11_0

ただし、下側数mm残してクリ抜くのも、クリアパーツ置換も私のスキルでは無理。塗料はシンナーで落とせるから、しばらくこのままでまあいいか。
2006_10_11_1

中日優勝記念ですが、こんなニーズがあるか判りませんが
・カスタムミニカー(タバコ、内装+部分彩色+、デカールなど)の交換トレード
・我流点睛デカール(Seven Stars、カローラリアスポ、ライトカバー"SIEM"、307WRCマルボロ)
・シートベルトデカール
・週刊GTOデカール(LMも含め失敗用の予備、テスト刷りで手元に残っている分)
を考えています。しかしながら週末まで動けませんし、やりきれるかどうかも不明なので過度に期待しないでください。具体的な方法もよく考えていませんし、ニーズがなければ空回りです。仮にあっても全員のご要望応えきれるかは別です。

交換は強気?かもしれませんが、まあ価値判断の上でそれでもいい!という方ですね。

| | Comments (1)

2006.10.09

続き

タミヤの箱絵を見て、参考にしてアンテナをそれらしく修正した。もうこれでおしまい。
2006_10_09_04

後部側中央のゼッケン上のアンテナを太く短くして、前と左を銀に塗り替えた。それだけ。
2006_10_09_03

週刊GTOの2号タルガフローリオも青ラインを太く(1.5倍)した。ここまでやったので貼り直す。第3号の版下も完成してテスト刷りした。この規模の旧車ならなんとか自己流のやり方はほぼ完成したと思う。
とにかく資料というか、1/24ぐらいのデカールそのものがあれば楽なんだけど、そのたびに買っていたのでは勿体ない。
2006_10_09_12

| | Comments (0)

黒テスト風

半艶ブラックで手抜き完成。テストカーで下地処理のテストもやってみたけど、密着はイマイチだと思う。クレオスメタルプライマー(缶)1回、グレーサフ(缶)1回、そして半艶ブラック。最終組立てのときに触って、ちまちました部分で微細だけど剥げている。手抜きな分だけ早いけど、剥がれの懸念はあると思う。
2006_10_09_08

見せ場はこっちかも。Enzoと同じぐらい手を入れると映えるエンジンモールド。インダクションのエンブレムも入れて、φ0.5mm洋白線でサブフレームも張ってみた。
2006_10_09_07

手を加えた部分もグラス越しになんとか見える。
2006_10_09_09

| | Comments (0)

2006.10.08

CLK-GTRの中

モノコック内はこんな感じ。1ピースだけどよく特徴捉えて上手に表現していると思う。
2006_10_08_4

エンジン側。リアサブフレーム張ったり、インナーインダクションボックス(名前はこれでいいか不明)にエンブレムのデカールでも貼って、エンジンとミッション、ダンパー周りもそれらしく彩色する。ダッシュボードもグレーにしてみる。
2006_10_08_5


| | Comments (0)

日曜日

F1と野球の進行をWEBで見ながら飲んでいる。これが幸せかも。
2006_10_08_6

越県して買ってきた。外側の殻(チョコ)は処理班が1名居るので大丈夫。でも歯は強引に磨く。
2006_10_08_7

ランボ2ドカ買いの副産物。少しだけ気分の補填になる程度。エディで買っているけど、またポイントがすぐに溜まりそう。
2006_10_08_8

| | Comments (0)

2006.10.07

タバコ化完成

結局2個イチ。
タバコ化よりもアンテナ工作とダッシュボードをグレーに塗ったことが効果ある感じ。
2006_10_07_64

アンテナ工作は、元の太い棍棒アンテナを1.5mmぐらい台座の分だけ残してカット。下穴を開けて0.2のピアノ線を接着。取り付けてから鋏でトリミングして長さ調整した。0.4mmの下穴を開ける作業は、なんとなく老化を感じた瞬間。
2006_10_07_65

ダッシュボードはニュートラルグレー。このために1ビン買う。
2006_10_07_66

CLK-GTRもダッシュボード接着してあった。接着してあるとピンを折るしかないから面倒だ。ランボ2はカチ込みの嵌合のみ。307のシートなんて接着剤タップリ。これじゃさすがにバラせない、と思ったのでシートとフロアだけは下手な筆で塗った。

| | Comments (0)

Black in Body 2

交換で入手したものを剥がして全リペ。手抜きの半艶ブラックボディ&金ホイル。
内装とエンジン塗って出来上がりだけど、右側のウィンドウクリアパーツをバラすときに割ってしまった。接着してあったのでなかなか外れずに力任せでパキッ。とほほ。コクピット、キャビン、エンジンも成型色の黒単一だけど割りとメリハリのあるモールドなのでそれらしく彩色するつもり。ダッシュボードもタイヤブラックがいいかもしれない。

2006_10_07_72

| | Comments (0)

週刊GTO 第2号

なんとか完成。前回まとめて3台分の内装を塗ったので、その続きでデカール貼っておしまい。
中央のラインと大きなCavallinoが映える。

Targa Florio 1963, Crashed out of race
2006_10_07_67

このリアのトランクリッドRH側の凹凸曲面にゼッケンを貼るのがきつかった。
2006_10_07_68

以下を見ると青のラインはもう少し太くてよかったかもしれない。さすがに貼り直すのは、、、しない。2台目があれば直すかも。
ttp://userweb.pronet.be/serthi24/250gto/la3809gt.htm

1台の250GTO赤は今日仕入れた。赤ベースでもう1台は行ける。

| | Comments (0)

♭のバッジ

音楽の譜面の♭みたいだね。酔っている勢いで作成。
2006_10_07_

| | Comments (0)

2006.10.05

比較

第六弾のF-16、もともとノンスケールみたいだけど妙に小さくなっている。XF-2Aがデカイ。決して遠近法じゃありません。
2006_10_05_6

Bossのオマケ。乱エボ8。グリルとか黒で色を注してやるといいかも。
2006_10_05_7
剥がして黄色に塗り替えようかな。ユーロRも赤からブルーマイカ(ブルメタ)、NSXはアイボリー(チャンピオンシップホワイト?かな)に塗り替えいい感じ。なかなかやる気が起きない。このサイズの全リペはやったことない。

| | Comments (0)

週間GTO 予告編

版下画像のマスターが完成した。第2号は予定通り出せそうだ。でも、その先の3号は苦しい。

Bigな"Cavallino"とハンドペイントの青字のゼッケンが特徴だけど、フロントグリルに長方形の開口の違い以外は、Dydo版(京商)をそのまま流用して一番似ている(私が)思うレース仕様にしてみる(フードのスクープ&ディフレクターとリアのカバー無しのタイプを選定)。

グリルの開口部は黒ベタデカールで似せるつもりだけど、他の形状が詰まっているので厳しそう。ラインのサイズ調整もどこまで上手く貼れるか!?
2006_10_05_4

本屋で一瞬だけ週刊F2004を手にとって買いそうになったけど、止めた。それでもバインダーだけ買ってみようか思案中。

| | Comments (0)

毎月1000名様に

当たる。戦闘機キャンペーン。
Choco_atari

割と少ない数で当たった。当たらないと思っていたのでスクリーンショット撮り損ねる。Dydoのときは上手に撮れたけど、一歩遅かった。景品自体はあまり欲しいものでもないけど、こういう当たりには飢えていたので素直にうれしい。ミニカーに偏る前は、こんな記事が主力だったりして。

| | Comments (0)

2006.10.02

タバコ化完了

タンポ落としてデカール貼り直し。下地が透けないのですっきりした。シートベルトも貼ったし、残すはダッシュボードをグレーで塗るぐらい。これはニュートラルグレーでいく。
あとはアンテナ工作しておしまいかな。シートベルトをアンカーまで(それらしく)伸ばすのもやってみるかどうかだけど、このサイズだとうるさくなりそう。
2006_10_02_2

ドンガラ状態。シーエムズのキャストって柔らかい気がする。タッピングナベ小ネジ用下穴も明けるのが容易だから、ボディとシャーシとを接着しないで済む。
2006_10_02_3

しかし部品(ランプ)の紛失で2個一は痛い。車種コンプ目標だけど206だけ出ていない。軽いの選んだらダブりの205だった。

| | Comments (0)

2006.10.01

Black in Body

一昨日買った04モデルのTest Carとセット。ビーズは気になったものをたまに買うぐらい。ホイルの開口部から見えるディスク表現でコンビニ販売品との部品点数の違いが出ている。ミラー面塗ったり、シートベルトのデカールぐらいバラして貼りたいような気もするけど、ちょっと躊躇してしまう。コンビニミニカーは気楽にいじれるのがいい。
2006_10_01_5

2006_10_01_8

64ミニカーのCarbon fiber compositeの表現を比べてみた。やはりオーバースケールだけどムルシの織布の柄表現は衝撃だったかも。3.5CSLのルーフも黒塗りだけだと寂しいかもしれない。

| | Comments (2)

タンポ落とし

結局タンポ印刷は溶剤で拭いて落とした。以前のシートだけ部品取りしたダブりのデルタをボディを使って練習してみて、いけそうだったので決行。余計な部分はマスクしてから綿棒とウエス、きれいな手で慎重にやる。
2006_10_01_2

2006_10_01_4

これで再びデカールを貼るだけの状態に持ってきた。今度は透けない。

リアのライトは、ボス落とし+裏銀+縁黒を塗って再接着したのだけど、ふと見ると取れて無い。紛失したみたい。がーん。で定価売りの店で重たいやつを選んで307モンテを引けたので2個一。最近はこの2個一が多いので泣ける。

| | Comments (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »